ねことルンバと俺

熟年離婚した初老の男のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人になったときのことをあれこれ考えて準備してる。

まずはブログタイトルにもなってるルンバ

買ったよルンバ
Amazonプライムで

半額くらいにならないか期待したけど1万円程度の値引きだった。


これで仕事中に掃除してもらうのだ。

汚い家にしてしまうのは元嫁に対して悔しい。
意地でもキレイに生活したい。
汚いと息子も帰ってきにくくなるし。


あと、スチームクリーナーが欲しい。
昔通販で買った小型のものは持っている。
毎年大掃除には大活躍だ。
だた小型なので肩にかけて使うのが重いし、水を何度も補充するのが面倒。
近いうちに買おう

スポンサーサイト



家の妻の言い分に非常に似ている。

何かすごく不公平感をいうか、悔しい思いをつねにしているらしい。

夫の犠牲になっているということらしい。


妻によれば離婚して同じ家事を子供のために続けることは問題がないそうだ。

要は夫の私がいないだけで納得ができるらしい。


こちらだって、仕事の収入で家族を養う役割を負っているのに、そこにはまったく感謝も労いもなく

当たり前のこととしている。ただの給与運搬係と思っている。

それはひどくないか? 女性のみなさんよ

キレる妻 新しい型の夫婦の危機


キレる妻 新しい型の夫婦の危機
そんなイメージのタイトルだったと思う。
NHKが特集を組んで日本の多くの家庭で起こっている夫婦で起こっていることを特集してたんですわ。http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3817/1.html


家の家庭まさにこれでした。
常にキレれてるわけではないけど、いつも不機嫌イライラのオーラをまとってる妻。


とーぜん
どこに地雷が埋まっているかもわからないので、家にいてもなるべく別の場所で過ごすようになるわな。口もきかないほどの冷戦状態ではないけど、妻が私に不信感を抱いているのはよく感じる。

昔の妻から申し出る離婚は、夫が酒飲んで暴れるDVだったり、浮気だったり、借金だったり、明確に夫側に非があるものがほとんどだったが、俺はそうではない。

きちんと家族を養っているし、家族のだれ一人にも暴力を振るったことはない。
浮気をしているわけでもない(一般サラリーマンにそんな簡単に女はできんわ)
毎週ではないが休日に家族のために料理することもある。
ともてフツーの男だと思っている。

でも妻は鬼の形相になってキレるのだ。


離婚別居を辞さない話なのに何度話を聞いてもよくわからない。

ゴミの分別が間違っていたとか、使い切ってしまった醤油瓶に醤油を足してないとか
そりゃうっかりしたことは間違いないけど、毎回ゴミの分別を適当に捨てているわけではないのだ。 それを鬼の形相でキレるのはどこか変なのではないか?



どうも不満の根底には強い不公平感があるみたいだ。
恐らくこういうことだろう。

妻は育児・家事・仕事(それは自分で遊ぶ金のため)で自分の自由な時間がない。
私は夜も休日も自由に過ごしている。
そこにすごい不公平感を持っていたのではないかと思う。


それに気づいてから、休日に掃除したり、ランチを作ったりはしていたものの焼け石に水だったのだろう。年に数回 鬼の形相でとても理不尽なキレ方をして暴言を吐き、言葉のDVをする。 そう、もう言葉の暴力なのだ。


昔から続く夫婦の役割分担。
夫が仕事で金を稼ぐ役割、女性は育児家事をする役割。それが急速な核家族化や共働き化が進んでその昔からの役割分担がもう崩れているんだろうな。


もともと私には大した非がないので、妻はひとつひとつ話をして解決を試みると言葉を失っていく。でも、心のイライラは収まらない。
そこから暴言が始まるのだ。

妻はわかり合いたいのではなくて、一方的に「私を傷つけたい」言動に変わる。
もう修正ができない、過去のことを持ち出して暴言を吐くのだ。


過去
配慮が足らなかったり、気が付かなかったりで不快な思いをしたんだろう。
だからそれは気が付いてからは、同じことはしないよう気を付けてひとつひとつ自分を変えてきた。それは完ぺきではないと思う。それでも妻に気を配って配慮を続けていた。

それなのに、もう修正できない過去の話でナイフを投げ続ける。

これは間違いなく暴力だ。

今度は私の心が切れてしまった。

それが5月22日のこと


------------

なんとタイムリーなことにNHKで「キレる妻 新しい型の夫婦の危機」
という特集番組が6月に放送された。(初回放送は去年だったみたいね)
https://www.youtube.com/watch?v=O36Y3_GXZlU

まさにうちで起こっているのはこれだった。
番組で出ていたご主人もとても問題がありそうな男性にみえない
大人し気なご主人だ。

この番組でいろいろわかったこともあった。
後でわかってもしょうがないけど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。